Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C1379] 雪が降る

 ストーブ列車の車両オハフ33は品川に、オハフ46は京都に配置されていたそうです。もともと南国の車両。北海道用の二重窓の車両じゃないと津軽の冬は厳しいですね。
 ちなみに私の通学していた弘南電車も、当時は昭和初期の車両があって、床は板張り、車内には雪が降る車両でした。
 最近まで、JR花輪線でも車内に雪が降らないようにビニールテープで目張りをしていました。でもストーブ列車は雪が降るのも醍醐味でしょう。いつまでも大事に走ってもらいたいものです。

 ところで、この前中里に降りたのですが、駅併設のスーパーはいつなくなたのでしょうか?やはり汽車に乗らないと変化に気づかないこと結構あるものですね。

[C1380] 今日は

どうもでした。
オリンピック観てて気付いたら5分前。
駅まで走りましたよi-229
でも、それで合格列車に乗れたのはラッキーだったかも?

それより、俺には宝物にしてる「くんず」があります。
自分が生まれた時に、もう歳でダメだから最後だって言って母方の爺ちゃんが記念に作ってくれた物です。
『他の物は捨ててもいいけど、これだけは捨てるなi-197』と妻には言ってます。
だから、くんずは大丈夫でも・・・俺が捨てられたりして?i-230

列車から降りて、はまなすさんとたがめさんを見かけましたが・・・。
凄く忙しそうでリポDで乗り切れるか心配になりましたよ。
体調管理も難しい時期なんで大変でしょうけど、皆さん頑張って下さいね。


時間なくて一休で昼食べれなかったのが心残り・・・。
  • 2010-02-14 21:27
  • URL
  • 編集

[C1397] 津軽のわら細工

◇555さん

列車のこと詳しいですね~。そうなんだぁ~と、今知りました。ありがとうございます。

またストーブ列車はストーブがあまりに熱くてその席から逃げる人もいるくらいですから、
雪が少し入ってきても、許してもらいましょう。
それを体験しに来ている人もいるくらいですからね。

◇銀さん

ご乗車ありがとうございます。
「くんず」あるんですか?我が家では玄関に飾っています。博物館状態?です。

もう作る人が居なくなったからこれだけは大事にする・・ということですね。
それを銀さんの年代の人が大事にするのは本当にいいことですね。
古き良き時代と当時の優れもの・・・
結構ありますね。
奥さんだって絶対捨てたりしませんよ!!もちろん銀さんも
  • 2010-02-16 13:14
  • junjun
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

津軽のわら細工

こんにちは!今日も元気なjunjunです

2月の連休であるこの時期は一番ストーブ列車にくるお客さんが多い時期でもあります。
とても嬉しく、張り切って乗務しています
そして、この時期ばかりは当日いるアテンダントは総出演です。

ホームでは、乗る場所の案内をし、列車の中では「津軽鉄道に乗ってよかった」と思われるように、
沿線案内したり、スルメを焼いてお手伝いさせてもらったり・・・。

今日は、昨夜から30cmは降ったと思われるやわらかな雪がキラキラして大変綺麗な景色になりました。
今日は久しぶりに岩木山も見えましたよ

10.0214岩木山(飯詰より)
これは、毘沙門を過ぎて私の住んでいる津軽飯詰へ行く途中から写したものです。
ここは絶景ポイントかな?



そして、芦野公園の駅からはこんな感じ・・・・
10.0214芦野公園
ここもいいよね~~
これが春、4月下旬から5月の連休は「桜のトンネル」になります。
いつも目慣れていてもこの光景には感動!!です。
なんとホームの半分は山のような雪です。



そして、ストーブ列車では・・・
ストーブ列車内
そうです。このようにすごくいい顔になります。
このお客さんがなぜ手をこのようにしているかと言うと・・・
(^.^)・・・
実は、列車の中に居ながら、雪を感じることが出来る貴重な列車なんです。
ストーブ列車ならではの醍醐味です。

こちらの方の名セリフ
「ストーブ側からはスルメの香りのあったかな風が吹いて来て、窓側からは雪が降る・・」
まいりました。(#^.^#)


さて、本日の紹介は津軽に伝わるわら細工です。
津軽中里駅にこのようにおいてあります。
warazaiku.jpg



朝の列車で一緒だった観光客の方に「やってみていいですか?」と言われたので、
一緒にやってみました。
こちらは・・・サンダルの用途に履く「くんず」(このように言ってます。正式には?)
わら草履
感想は、「滑らなくて、温かいね~」でした。


そして、こちらは「踏み俵」
踏み俵 わら

お客さんに写してもらいました。
これは、私が小さい時も親が学校へ行く前にこれで、雪の降った上を踏んで道をつけてくれた物です。


これらのわら細工品は「津鉄応援直売会」の方が作ったもので、使ってほしいと置いてくれました。
津軽中里まで乗った方、どうぞお試しください。


最後に・・・
今日はバレンタインデー・・・・でも・・・
アテンダント、「そんなの関係ない」っという感じ・・・・
いいのかな??

そしたら、なんと、もらっちゃった!!
可愛いプレゼント
いつかメロスのクッキーを下さったかわいこちゃん・・・
今回は津軽鉄道の社長の分まで・・・
kukki-.jpg
 

スゴイ!!ちゃんと渡しますよ。

そして、
ストーブ列車から帰ってきたアテンダント・・・
「パクッ」
スポンサーサイト

コメント

[C1379] 雪が降る

 ストーブ列車の車両オハフ33は品川に、オハフ46は京都に配置されていたそうです。もともと南国の車両。北海道用の二重窓の車両じゃないと津軽の冬は厳しいですね。
 ちなみに私の通学していた弘南電車も、当時は昭和初期の車両があって、床は板張り、車内には雪が降る車両でした。
 最近まで、JR花輪線でも車内に雪が降らないようにビニールテープで目張りをしていました。でもストーブ列車は雪が降るのも醍醐味でしょう。いつまでも大事に走ってもらいたいものです。

 ところで、この前中里に降りたのですが、駅併設のスーパーはいつなくなたのでしょうか?やはり汽車に乗らないと変化に気づかないこと結構あるものですね。

[C1380] 今日は

どうもでした。
オリンピック観てて気付いたら5分前。
駅まで走りましたよi-229
でも、それで合格列車に乗れたのはラッキーだったかも?

それより、俺には宝物にしてる「くんず」があります。
自分が生まれた時に、もう歳でダメだから最後だって言って母方の爺ちゃんが記念に作ってくれた物です。
『他の物は捨ててもいいけど、これだけは捨てるなi-197』と妻には言ってます。
だから、くんずは大丈夫でも・・・俺が捨てられたりして?i-230

列車から降りて、はまなすさんとたがめさんを見かけましたが・・・。
凄く忙しそうでリポDで乗り切れるか心配になりましたよ。
体調管理も難しい時期なんで大変でしょうけど、皆さん頑張って下さいね。


時間なくて一休で昼食べれなかったのが心残り・・・。
  • 2010-02-14 21:27
  • URL
  • 編集

[C1397] 津軽のわら細工

◇555さん

列車のこと詳しいですね~。そうなんだぁ~と、今知りました。ありがとうございます。

またストーブ列車はストーブがあまりに熱くてその席から逃げる人もいるくらいですから、
雪が少し入ってきても、許してもらいましょう。
それを体験しに来ている人もいるくらいですからね。

◇銀さん

ご乗車ありがとうございます。
「くんず」あるんですか?我が家では玄関に飾っています。博物館状態?です。

もう作る人が居なくなったからこれだけは大事にする・・ということですね。
それを銀さんの年代の人が大事にするのは本当にいいことですね。
古き良き時代と当時の優れもの・・・
結構ありますね。
奥さんだって絶対捨てたりしませんよ!!もちろん銀さんも
  • 2010-02-16 13:14
  • junjun
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

奥津軽トレインアテンダント

Author:奥津軽トレインアテンダント
7人のトレインアテンダントのサイトへようこそ!(*^_^*)

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。