Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C1121] それは私です

先日は、お世話になりました。
名前の由来が、弘前の六花酒造の「じょっぱり」だということでしゃれの意味でお持ちしました。まさか、ブログに掲載されてしまうとは・・・(笑)
こっそりと拝見していたんですが・・・。
弘前在住ですが、普段は車で通過してしまうことが多いもので、たまには地元の鉄道に敬意を表して「津軽フリーパス」での訪問となりました。
北海道や九州、四国なんかは、普通列車でほいほい行くんですが、気がつくと4年ぶりの訪問となってしまいました。
今や、ストーブ列車は津軽鉄道の看板列車で、見かけた列車は山手線状態。アテンダントの皆さんもスルメの匂いにいぶされて、大変そうでした。
昨日は、はまなすさんにお世話になりましたが、皆さん気さくに声をかけていただき本当にありがとうございました。遠くから来た人も声をかけていただきとてもうれしかったと、帰りの五能線の中でもうしていました。
これからも頑張って下さい。

またコメントしますね。

[C1124] 酒

名前は日本酒から来てたんですね。
ここ見たら、他の方たちの酒あるんだろうか?と思いまして・・・。
探してみました。(暇な奴)

ヨコヅナ  http://www.rakuten.co.jp/echigo/412711/708618/723934/
はまなす http://www.takahasi.co.jp/beer/lineup/hamanasu.html
たがめ  http://www.rakuten.co.jp/sake-kinokuniya/1920494/1920544/
コットン  http://item.rakuten.co.jp/m-sakaya/10200021/

残念ながら、今回junjunさんとみっちょんさんは見つからなかったi-229

調べる前からヨコヅナ・はまなすは見つかると思ってたけど、たがめ・コットンがあるとは思いませんでしたv-290
  • 2010-01-12 00:07
  • URL
  • 編集

[C1134] コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます...φ(´ー`*)

555 さま

わざわざ次の日もお越しいただいて、なおかつ私の分身(笑)「じょっぱりe-400」も
お持ちいただいてありがとうございました。貰ったまま私の机の上に飾ってますe-349
はまなすから特徴を聞いて、もしかしたらと思ってましたe-454
今度は他のアテンダントにも会いにまたお越しくださいねe-320
お待ちしておりますe-466

銀 さま

はい。「じょっぱり」本来の意味ではなく、酒が好きなので(笑)
弘前の地酒「じょっぱり」からいただきましたe-348
それぞれのお酒、おいしそうですね。特に「はまなすドラフト」e-266
しかし…コットンの一反木綿はちょっと強引な気がしますけど…

  • 2010-01-13 18:25
  • じょっぱり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

文学散歩してみませんか?

ども。3日ぶりのご無沙汰、でもない気がする(笑)じょっぱりです



今日出勤したら、私の机にはまなすのメッセージとこれが!!
じょっぱり(日本酒です)
どうやら前に乗務したときに『ブログ見てますよ~』と私に声をかけたお客様から、私へ渡してくださいとの事でした。

もしかしたら、金木駅から上り下り共一緒になった方でしょうか?
この場を借りて御礼申し上げます。お気遣いありがとうございました


ちなみに私「じょっぱり」はこの日本酒の名称から来てます
まぁ、ただ単に「のんべぇ」なだけですね


ちなみに「じょっぱり」は津軽弁で「頑固、頑固者」という意味です





さて、前置きはこのぐらいにして今日はこちらを紹介しようかと。
「太宰ゆかりの地 かなぎ文学散歩」
かなぎ文学散歩チラシ


これは、斜陽館や喫茶駅舎、津軽三味線会館の管理運営や、
地域伝統文化・芸術を活用した観光振興事業、地域経済活性化を図るための事業を行っているNPO法人
「かなぎ元気倶楽部」が行っているものです。

(かなぎ元気倶楽部ホームページはこちら→かなぎ元気倶楽部HP


かなぎ文学散歩は五所川原市金木地区の太宰治ゆかりの場所を
ガイド付きで所要時間約2時間で巡るコースです。



文学散歩コースの内容は…

集合場所:津軽鉄道金木駅 10:00出発
(※ガイドさんが駅まで出迎えてくれます)

太宰治疎開の家(津島家新座敷)

雲祥寺

南台寺

斜陽館

金木駅もしくは煉瓦塀(斜陽館前)で解散
※全て移動は徒歩となります。


料金はお一人様2400円(※2名以上の申込から)
※これには入館料、ガイド料などの諸経費も含まれています
※予約は3日前から(除外日:8/13、12/29~1/3)で、前日からキャンセル料が発生します。

※一名様からの申込も出来ますが、料金が3600円となります



その他、4月~11月の期間限定(今は行っていません)で、
この文学散歩コースに「津軽三味線ライブ」と「津軽鉄道オリジナル弁当」がセットでついた3時間コースもありますよ~

かなぎ文学散歩チラシ裏面
こちらは料金がお一人様5000円(※2名以上の申込から)

詳しい内容はこちらをご覧下さいませかなぎ文学散歩(かなぎ元気倶楽部HP内)

お問合せは…
かなぎ元気倶楽部 太宰治記念館「斜陽館」
TEL 0173-53-2020 FAX 0173-53-2055    までお願いいたします




太宰治をよく知らない方も知っている方も十分楽しめる内容ですよ
私たち一押しの観光スポット太宰治疎開の家(津島家新座敷)も入っています
の金木へ一度訪れてみませんか?
運が良かったら地吹雪も体験できますよ



今日のブログは私じょっぱりがお送りしました

ではまたっ


スポンサーサイト

コメント

[C1121] それは私です

先日は、お世話になりました。
名前の由来が、弘前の六花酒造の「じょっぱり」だということでしゃれの意味でお持ちしました。まさか、ブログに掲載されてしまうとは・・・(笑)
こっそりと拝見していたんですが・・・。
弘前在住ですが、普段は車で通過してしまうことが多いもので、たまには地元の鉄道に敬意を表して「津軽フリーパス」での訪問となりました。
北海道や九州、四国なんかは、普通列車でほいほい行くんですが、気がつくと4年ぶりの訪問となってしまいました。
今や、ストーブ列車は津軽鉄道の看板列車で、見かけた列車は山手線状態。アテンダントの皆さんもスルメの匂いにいぶされて、大変そうでした。
昨日は、はまなすさんにお世話になりましたが、皆さん気さくに声をかけていただき本当にありがとうございました。遠くから来た人も声をかけていただきとてもうれしかったと、帰りの五能線の中でもうしていました。
これからも頑張って下さい。

またコメントしますね。

[C1124] 酒

名前は日本酒から来てたんですね。
ここ見たら、他の方たちの酒あるんだろうか?と思いまして・・・。
探してみました。(暇な奴)

ヨコヅナ  http://www.rakuten.co.jp/echigo/412711/708618/723934/
はまなす http://www.takahasi.co.jp/beer/lineup/hamanasu.html
たがめ  http://www.rakuten.co.jp/sake-kinokuniya/1920494/1920544/
コットン  http://item.rakuten.co.jp/m-sakaya/10200021/

残念ながら、今回junjunさんとみっちょんさんは見つからなかったi-229

調べる前からヨコヅナ・はまなすは見つかると思ってたけど、たがめ・コットンがあるとは思いませんでしたv-290
  • 2010-01-12 00:07
  • URL
  • 編集

[C1134] コメントありがとうございます。

コメントありがとうございます...φ(´ー`*)

555 さま

わざわざ次の日もお越しいただいて、なおかつ私の分身(笑)「じょっぱりe-400」も
お持ちいただいてありがとうございました。貰ったまま私の机の上に飾ってますe-349
はまなすから特徴を聞いて、もしかしたらと思ってましたe-454
今度は他のアテンダントにも会いにまたお越しくださいねe-320
お待ちしておりますe-466

銀 さま

はい。「じょっぱり」本来の意味ではなく、酒が好きなので(笑)
弘前の地酒「じょっぱり」からいただきましたe-348
それぞれのお酒、おいしそうですね。特に「はまなすドラフト」e-266
しかし…コットンの一反木綿はちょっと強引な気がしますけど…

  • 2010-01-13 18:25
  • じょっぱり
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

奥津軽トレインアテンダント

Author:奥津軽トレインアテンダント
7人のトレインアテンダントのサイトへようこそ!(*^_^*)

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。