Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C1105] スルメ

こんにちは。スルメイカはいいですね。それも作っているかたに会えるとは、ストーブで焼いて食べたいです。津軽鉄道にまた乗りたい。
  • 2010-01-09 19:59
  • たかゆき
  • URL
  • 編集

[C1106] お世話になりました

junjunさん、こんばんは~{{s86}}

さっそく訪問させて頂きました(*^_^*)

中里を少し撮って帰りはPM2:2?分の列車で帰りました

どの位UP出来るか分かりませんが訪問して頂ければ幸いです

[C1107] 食堂車?

今日、ストーブ客車に乗りました。たがめさんとじょっぱりさんにお世話になりました。ありがとうございます。

ストーブ列車でスルメ焼いたのは初めてです。ストーブはこうして見ると調理機器に近いから、いっそのこと食堂車にしてはいかがでしょうか?(笑)。

現在、旧客の食堂車はどこにもない?いや、JR北海道にいたかな?

たがめさんの制服のイカの匂いはまだまだ続くでしょうね。

津軽鉄道、最高です。
  • 2010-01-09 22:44
  • すーぱーいたち
  • URL
  • 編集

[C1108] 小泊

小泊は小説「津軽」で太宰治がたけに再会した所ですよね。
イカの漁獲高が全体の70%近くを占めているそうで。
スルメがホント美味しそう・・・
他にはどんな物を売っていたんですか?
  • 2010-01-09 23:47
  • ノリ
  • URL
  • 編集

[C1109] 夏の夜

小泊まで行くと漁火が綺麗なんですよね。
鯵ヶ沢のわさおの焼きイカもいいけど・・・。
ここのスルメも負けてませんよね。
でも、個人的には小泊のイカの塩辛が好きi-185

  • 2010-01-10 00:56
  • URL
  • 編集

[C1114]

◇たかゆきさん
ホントに・・・またいらしてください。
スルメも待ってます。(*^^)v

◇eiri様
津軽鉄道初めてだったのですね。
早速私もブログを見せていただきました。
一度に一枚・・・・というスタイルもいいですね。
通常はカメラを向けないような視点からの写真で
楽しみました。
時々見せていただきます。

◇すーぱーいたちさん
確かに調理器具になりますね。
私達がやった餅つきのあんこも会社内のストーブ(灯油)でした。
食堂車にするには、調理時間中乗っていただかないといけないので
全員津軽中里まで往復ですね!!\(^o^)/
ハイ、たがめちゃんもみんなスルメ香水でっ!!

◇ノリさん
そうです。小説「津軽」で二人が会ったところです。
イカの70%の話は知りませんでした。
そうなんですか・・すごいね~。
磯野さんの話だと、津軽海峡のスルメは特においしいんだ
そうです。
他にはサザエ焼きとマカポンというマカロニのポン菓子、米の
ポン菓子、のしスルメなどでした。
普段はお酒飲みませんが、今日はのしスルメでいっぱいやりました。(*^^)v

◇銀さん
イカがあがるところですからいつも新鮮なイカがあり、それで作った塩辛はやっぱり最高ですね。
あ~~~熱いご飯に塩辛~~~♪♪
  • 2010-01-11 00:23
  • junjun
  • URL
  • 編集

[C1122] 今日買ってきました

今日ストーブ列車に乗ってスルメを買ってストーブであぶって食べました
とてもおいしいかったんですがただひとつ残念だったのは・・・

途中まで車だったのでストーブ酒を一緒に飲めなかったことです。
今度は五能線で来てスルメを肴にのみたいと思います。
  • 2010-01-11 19:20
  • アルカス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

私がスルメの母ちゃんです!!

こんにちは!寒さに負けてないjunjunです
(実は今日の寒さはそれほどでないのです)

今日はストーブ列車11:35発に「津鉄応援直売会」の方が乗ってくださいました。

それも・・・
なんと・・・
junjunの最高に大好きな


あの
スルメを作っている方!!!
もうその方に会えて私が感激していました。

生のイカからするめを作るってどうするの???
私の頭の中の?が大きく膨らんでいました。

そして、お客さんには こちらの方がこのするめを作った方 です。
と紹介しました。

津軽中里から車で30分くらいの場所にある小泊という
日本海の漁業の町です。


surume-haha.jpg

お名前は「磯野さん」と言います。
やはり、ぴったりな名前ですね。
でも、磯野フネさんというお名前かどうかは聞いていなくて・・・
もしそうだったら最高ですね。


すると、お客様も この味はすばらしい・・・と褒めて下さり
スーパーで売られているスルメの機械で乾燥したものと
やっぱり違う!!!と感じたようでした。


ですから、売れ行きもかなり良かったようです。

また、一人旅のお客さんが、二人の津鉄応援直売会の方を
大変気に入り、すっとそばに座ってあらゆる商品を買って
食べていました(#^.^#)
それもちゃんと向かい側にすわって・・・・。
まるで親子のような雰囲気でした。

oyako.jpg

今日はこのかわいい衣装の二人がモテモテ・・・の一日でした。

帰りに、イカの中でも穴のあいたものもあり、商品にできない
ものがあるという事でするめの胴体を半分貰って帰りました。

でも・・・

喜んだのは私だけでなく

アテンダント室で次の企画の準備をしていた


「はまなす」さんと「みっちょん」のお腹にもちゃんと入りました。

めでたし、めでたし・・・

スポンサーサイト

コメント

[C1105] スルメ

こんにちは。スルメイカはいいですね。それも作っているかたに会えるとは、ストーブで焼いて食べたいです。津軽鉄道にまた乗りたい。
  • 2010-01-09 19:59
  • たかゆき
  • URL
  • 編集

[C1106] お世話になりました

junjunさん、こんばんは~{{s86}}

さっそく訪問させて頂きました(*^_^*)

中里を少し撮って帰りはPM2:2?分の列車で帰りました

どの位UP出来るか分かりませんが訪問して頂ければ幸いです

[C1107] 食堂車?

今日、ストーブ客車に乗りました。たがめさんとじょっぱりさんにお世話になりました。ありがとうございます。

ストーブ列車でスルメ焼いたのは初めてです。ストーブはこうして見ると調理機器に近いから、いっそのこと食堂車にしてはいかがでしょうか?(笑)。

現在、旧客の食堂車はどこにもない?いや、JR北海道にいたかな?

たがめさんの制服のイカの匂いはまだまだ続くでしょうね。

津軽鉄道、最高です。
  • 2010-01-09 22:44
  • すーぱーいたち
  • URL
  • 編集

[C1108] 小泊

小泊は小説「津軽」で太宰治がたけに再会した所ですよね。
イカの漁獲高が全体の70%近くを占めているそうで。
スルメがホント美味しそう・・・
他にはどんな物を売っていたんですか?
  • 2010-01-09 23:47
  • ノリ
  • URL
  • 編集

[C1109] 夏の夜

小泊まで行くと漁火が綺麗なんですよね。
鯵ヶ沢のわさおの焼きイカもいいけど・・・。
ここのスルメも負けてませんよね。
でも、個人的には小泊のイカの塩辛が好きi-185

  • 2010-01-10 00:56
  • URL
  • 編集

[C1114]

◇たかゆきさん
ホントに・・・またいらしてください。
スルメも待ってます。(*^^)v

◇eiri様
津軽鉄道初めてだったのですね。
早速私もブログを見せていただきました。
一度に一枚・・・・というスタイルもいいですね。
通常はカメラを向けないような視点からの写真で
楽しみました。
時々見せていただきます。

◇すーぱーいたちさん
確かに調理器具になりますね。
私達がやった餅つきのあんこも会社内のストーブ(灯油)でした。
食堂車にするには、調理時間中乗っていただかないといけないので
全員津軽中里まで往復ですね!!\(^o^)/
ハイ、たがめちゃんもみんなスルメ香水でっ!!

◇ノリさん
そうです。小説「津軽」で二人が会ったところです。
イカの70%の話は知りませんでした。
そうなんですか・・すごいね~。
磯野さんの話だと、津軽海峡のスルメは特においしいんだ
そうです。
他にはサザエ焼きとマカポンというマカロニのポン菓子、米の
ポン菓子、のしスルメなどでした。
普段はお酒飲みませんが、今日はのしスルメでいっぱいやりました。(*^^)v

◇銀さん
イカがあがるところですからいつも新鮮なイカがあり、それで作った塩辛はやっぱり最高ですね。
あ~~~熱いご飯に塩辛~~~♪♪
  • 2010-01-11 00:23
  • junjun
  • URL
  • 編集

[C1122] 今日買ってきました

今日ストーブ列車に乗ってスルメを買ってストーブであぶって食べました
とてもおいしいかったんですがただひとつ残念だったのは・・・

途中まで車だったのでストーブ酒を一緒に飲めなかったことです。
今度は五能線で来てスルメを肴にのみたいと思います。
  • 2010-01-11 19:20
  • アルカス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

奥津軽トレインアテンダント

Author:奥津軽トレインアテンダント
7人のトレインアテンダントのサイトへようこそ!(*^_^*)

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。