Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C717] 教育に携わる者として

なにか自分が後世に残せる物はなにか
考えています。

絵画や陶芸は経験がないのですが
機会があったらやってみたいですね。

私は熱帯森林の生態系を主に調査していたので
それがきっかけで、ヒルギの
植林の活動をマレーシアで
させていただいています。


なにか、自分が生きてきた証しを示したいですし、
小さな社会貢献かな?


先人から学ぶこと、
まだまだ沢山あります。
  • 2009-11-11 20:04
  • 山梨の先生
  • URL
  • 編集

[C723] お久しぶりです

山梨の先生、元気になり何よりです。
お金があっても、立派な仕事をしていても、健康をなくすと全てをなくすことになります。
健康が一番ですね。どうぞ、ご自愛ください

先生すごいです。立派に地球にいいことしていますね。
junjunの地球に恩返し・・・も細々と実行中です。
そして、列車での出会いが今回の取材に繋がりました。
素敵な出会いに感謝感謝です。
  • 2009-11-12 22:02
  • junjun
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

芦野公園の『櫻庭美術館』です

時々雨が降り、暗い空の津軽地方ですが、元気いっぱいのjunjunです。
今日は、金木町の芦野公園にある「櫻庭美術館」を紹介します。
こちらも、時々列車の中で「金木町にある美術館は?」と聞かれるところでもあります。
津軽鉄道で会う背の高い紳士とお話した時に、美術館をやっていると
聞いていたのでいつかは行きたいと思っていた場所でした。

芦野公園と言えば、春の桜のトンネルの場所であり、太宰治の像記念碑もあります。
そして、吊り橋浮き橋からの景色は最高のところです。
それに加えてこの美術館!!
気軽にちょっと立ち寄れる、素敵な場所でした。
津軽鉄道の芦野公園駅から、なんと徒歩3分です。
芦野公園へ行かれたら・・・是非ぜひ観て下さい。
冬は閉館していますが、もし、お電話して頂ければ、大丈夫な場合もあります。

今日も朝連絡して、ちょうどいらっしゃったので、行くことができました。
まずは場所から・・・

image.gif
駅から国道339号線に出てそのまま道なりです。
また、公園からも行くことができます。

2009.1110sakuraba.m (5)  2009.1110sakuraba.m (7)

こちらの水色の建物が櫻庭美術館です。 美術館の道をはさんだ前には芦野公園の門がありました。
この門を入った右側には大きな駐車スペースがあります。


美術館の中に入ると・・・
2009.1110sakuraba.m (1)  2009.1110sakuraba.m (2)
一階はテーマを決めた作品               二階は津軽地方の作品なのだそうです。


2009.1110sakuraba.m (3)  2009.1110sakuraba.m (11)
大きなテーブルでは、たくさんの美術書から好きなものを見たり、絵を描いたりもできるそうです。
長く教職に就いていたそうで、定年されて、こちらの美術館を建てたそうです。(15年前)
櫻庭さんは先日まで、東京、仙台で個展を開いていたそうで、私も新聞でそれを知りました。

旅の途中で、美術館にいらした方が東京の新聞で見て、銀座まで観にきた方もいたそうです。

海のある町に生まれ、絵が大好きな少年だったそうで、左利きでもありましたが、
母親や学校の先生がそれを認めて、応援し、励ましてくれたことが、自信を持って生きることに
つながった・・・と子育ての大事な事についてもいろいろ話してくれました。

2009.1110sakuraba.m (9)
そして・・・ジャ~~ン
なんと、櫻庭さんの著書である「私の教育日誌」という本をもらってきました。m(__)m
小学校教師42年間のいろいろなエピソードがあるらしいので、早速今日読みます。
そして、これから子育ても経験するであろう若いアテンダントにも紹介させてもらうつもりです。

現在は、月曜日に五所川原のエルムで、水彩画の教室をやっているそうです。



住所 :  〒037-0202 青森県五所川原市金木町芦野234-41
電話 :     0173-52-5066
開館時間 :  10:30~17:00
入館料:    無料
休館日 :   ※5月~10月の金・土・日曜日のみ開館
交通アクセス:「五所川原市」駅より車で20分
         津軽鉄道「芦野公園」駅より徒歩3分、金木教会(白いチャペル)のとなり
ライブラリ  一般閲覧可
蔵書数:   5,000冊未満 美術図書沢山

スポンサーサイト

コメント

[C717] 教育に携わる者として

なにか自分が後世に残せる物はなにか
考えています。

絵画や陶芸は経験がないのですが
機会があったらやってみたいですね。

私は熱帯森林の生態系を主に調査していたので
それがきっかけで、ヒルギの
植林の活動をマレーシアで
させていただいています。


なにか、自分が生きてきた証しを示したいですし、
小さな社会貢献かな?


先人から学ぶこと、
まだまだ沢山あります。
  • 2009-11-11 20:04
  • 山梨の先生
  • URL
  • 編集

[C723] お久しぶりです

山梨の先生、元気になり何よりです。
お金があっても、立派な仕事をしていても、健康をなくすと全てをなくすことになります。
健康が一番ですね。どうぞ、ご自愛ください

先生すごいです。立派に地球にいいことしていますね。
junjunの地球に恩返し・・・も細々と実行中です。
そして、列車での出会いが今回の取材に繋がりました。
素敵な出会いに感謝感謝です。
  • 2009-11-12 22:02
  • junjun
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

奥津軽トレインアテンダント

Author:奥津軽トレインアテンダント
7人のトレインアテンダントのサイトへようこそ!(*^_^*)

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。