Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C542] お世話になりました。

本日は楽しみにしていた津軽鉄道に乗せていただきありがとうございます。
トレインアテンダントさんがいるとは知らずに乗り込みましたが、とても楽しい金木までの旅となりました。
観光とは文化や歴史にふれることも重要ですが、そこに住んでいる人とのふれあいがお客様にとって一番心に残るものです。家に帰って一番に思い出すものはおいしい料理やきれいな景色ではなく、楽しかった地元の人との会話だったりするものです。本当に楽しい思い出をありがとうございました。
今度は是非、かまくらを見に来てくださいね。
横手のホスピタリティも感じてほしいです。
  • 2009-10-04 22:40
  • かまくらのしじみ売り
  • URL
  • 編集

[C546] かまくらのしじみ売りさん

「そこに住んでいる人とのふれあいがお客さんには一番心に残る・・・」というお話し、大変参考になります。これからもそういう気持ちで接したいと思います。
何より、かまくらのしじみ売りさんの楽しい思い出になったこと嬉しく思います。
  • 2009-10-05 17:10
  • junjun
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

風まち湊案内人と歩く「深浦」

こんにちは!昨夜の十五夜の月があまりに綺麗で・・・
お団子とススキと秋の果物などを並べ、日本酒とビールもサービスして、
手を合わせたjunjunです。

今日は視察研修の旅でまだ全部紹介していなかった
青森県の西海岸・・・「深浦」を紹介します。

そうです・・・

あの普通列車で行った「深浦」です。

研修 101s-  研修 028s- 
深浦駅の中に「観光案内所」があり、荷物は無料で預かってくれます。
そして  じゃじゃ~~~ん!
「風まち湊案内人」 登場です。



研修 029s-  研修 030s-
この日は深浦町観光協会の飯島さんが案内人をしてくれることになりました。
こちらの観光協会の案内人は20名ほど登録しているらしく、案内の申込をすると、
駅から深浦の観光地を一緒にあるいて回ってくれるそうですから、深浦行くなら絶対!!
お願いすべきです(*^^)v

予約の電話番号:0173-74-3320
やはり説明してもらって回った方が記憶に残りますね。


すばらしい天気の中、海沿いの街を約4キロ歩いてあちこち見学しました。
上記右側の写真は駅に降りて、右方向に見える「大岩」です。
4.5時間コースの場合はこのてっぺんまで行くそうですが、私達はこちらはあきらめて
深浦町の中へ行きました。


着いたのがお昼でしたので、まずは腹ごしらえ!!
私たちは美味しいものの紹介も仕事なので・・・行きたかったここ!!
研修 033s-  研修 043s-
「セイリング」というお店!!    
ホームページでは「おじい」が捕った海のものと、「おばあ」が作った畑の野菜と、
料理を作る夫婦の真心と、それを支えるスタッフたち・・・・

これを見たら、やっぱここでしょう・・・。
ところが、満員で入れませんでした(/_;)(T_T)(T_T) 待ってでも食べたかったのですが
私達には時間が・・・・。

それならとこちらの案内人さんが隠れた?お食事処・・・・「町役場」食道を紹介してくれました。


研修 037s-  研修 041s-
レンガ色の素敵な建物の中・・・・ここも、昔は海の中だったそうです。
広い食堂で、誰でも利用できるそうです。その日の日替わり定食があり、
深浦でとれるお魚の定食もあります。なんと 650円です。安い!!

研修 044s-  研修 051s-

さぁ~行くよ~~~と来たのが、深浦町歴史民俗資料館・美術館です。
深浦港を望む猿神鼻洞門の一角にあります。
昔の深浦から現代にいたるまでの歴史がわかります。
美術館は県内選抜美術作家58人の作品や深浦町出身の大屋義昌の彫刻などもあります。

右の写真は「猿神鼻岩洞門」の前です。こういうトンネルのような岩がいくつもありました。
「猿神鼻岩洞門」は、危険な海岸づたいを通らなければならなかった旅人の
安全性と利便性を図るために、岩をくり抜いてつくられたものだそうです。

風化が進んでいたところ、日本海中部地震によって崩壊してしまい、深浦町では、地域の象徴である洞門を復元し、崩れないように補強をし、周囲の環境整備を行ったんだそうです。
 かつて北前船で賑わった深浦港の栄華を偲ぶものとして、街道を印象づける遊歩道の整備が
されていて、歩いていてもとても気持ちがよかったです。

・・・というわけで・・・
深浦の旅はまだ続きます。

この続きは次のjunjunの時に・・・・(@^^)/~~~

ちょっと長かった・・・・ごめん・・・文章のまとめが下手なjunjunでした。



<深浦町歴史民俗資料館・美術館情報>

電話:0173-74-3882
開館時間:午前8時30分~午後5時
入館料:(個人)小中学生100円、高大学生200円、一般(大人)300円
     (団体20名以上)上記の半額
休館日:4月~10月:無休
     11月~3月:月曜日(祝日はその翌日)
     年末年始12月29日~1月3日
スポンサーサイト

コメント

[C542] お世話になりました。

本日は楽しみにしていた津軽鉄道に乗せていただきありがとうございます。
トレインアテンダントさんがいるとは知らずに乗り込みましたが、とても楽しい金木までの旅となりました。
観光とは文化や歴史にふれることも重要ですが、そこに住んでいる人とのふれあいがお客様にとって一番心に残るものです。家に帰って一番に思い出すものはおいしい料理やきれいな景色ではなく、楽しかった地元の人との会話だったりするものです。本当に楽しい思い出をありがとうございました。
今度は是非、かまくらを見に来てくださいね。
横手のホスピタリティも感じてほしいです。
  • 2009-10-04 22:40
  • かまくらのしじみ売り
  • URL
  • 編集

[C546] かまくらのしじみ売りさん

「そこに住んでいる人とのふれあいがお客さんには一番心に残る・・・」というお話し、大変参考になります。これからもそういう気持ちで接したいと思います。
何より、かまくらのしじみ売りさんの楽しい思い出になったこと嬉しく思います。
  • 2009-10-05 17:10
  • junjun
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

奥津軽トレインアテンダント

Author:奥津軽トレインアテンダント
7人のトレインアテンダントのサイトへようこそ!(*^_^*)

最新トラックバック

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。